クラウドゲームの可能性

今後の発展が期待される、新たなゲームの形

ゲームのことならおまかせ、という人なら聞いたことがある話題がつい先日とある企業が立ち上げた新たな事業で、今後の進展が期待されているものがある。それは今までにない、新たなゲーム業界における可能性を示している提供方法であり、技術が真に確立されればますますの需要を望めるゲームの形が徐々にその骨組みを確かなものへと構成していた。『クラウドゲーム』という言葉を聞いた事がある人もいるだろう。それが昨年度から一歩ずつではあるが前進しており、遂には9月にとある大手メーカーが事業として企業を立ち上げるまでになった。そういったことも含めて気になる事は沢山あるが、クラウドゲームというものが何かと知らない人もいるだろうと思うので、まずは順を追って話をしていこう。

最近のゲームについていけないあなたへ
仙台 弁護士会は、弁護士法に基づいて設立された団体を言います。弁護士と弁護士法人を会員としています。

クラウドゲームとは

まずはクラウドゲームというものについてだが、クラウドという言葉だけならスマホユーザーにとっても普段から目に、耳にしている単語だと思う。サーバー上でデータを管理することが出来る便利機能と称することも出来るが、その点についての議論はこの際置いておくとして、今回はそんなクラウドサービスを用いたゲームという概念について話をしたい。まずは簡単にどのようなものなのかということだが、このクラウドゲームと呼ばれる物は一言で言えば『コンピュータゲームをストリーミング配信によってプレイすることが出来る』、というように説明できる。クラウドゲームという言葉自体は最初から使用されていたわけではなく、黎明期においては『ゲームオンデマンド』と呼ばれていた。ゲームオンデマンドといわれれば想像がある程度つくのであれば幸いだ。

このクラウドゲームと呼ばれるシステムの概要として、コントローラーの操作・またはインターフェイスから伝わる音声といった情報をインターネット回線を通じて送信され、送られてきた情報に基づいて演算・処理・通信の全てをサーバー上で行なうことにより、演算結果を単なる動画・音声としてストリーミング配信されるものだ。こうして考えると次世代の、特に二次元で語られているようなオンラインゲームなどを想像することが出来る。例としてあげるなら最近放送されているようなオンラインゲームを舞台にした大人気アニメほどの仮想現実を楽しむ事はまだまだ出来ないにしても、それだけの技術が年々確立されていると考えれば夢は膨らむものだ。

これがどのくらい画期的なのかといわれると正直専門家でなければ分からない部分は多々ある、だがこれだけはいえるだろう。このクラウドゲームというものが本格的にその技術を実現・運用可能レベルにまですることが出来たのなら、今までフィクションの世界でしか語られなかったゲーム技術を目の当たりに出来るなら、一度はプレイしてみたいと思える。しかしこのクラウドゲームについても目下として問題となっているのは、サーバーの演算処理についての問題が目下の課題として残されている。これをいかにして解消するかが今後のクラウドゲーム業界を左右することになる。億単位の情報を俊次に管理できるだけのスーパーコンピュータなるものが導入できれば、可能性も出てくるがそれもここで話していたらキリがないので置いておこう。

始まりの歴史

クラウドゲーム、その黎明期は今から17年前の1997年に理論は提唱された。しかし当時はまだ技術がそこまで出来上がっていなかったため頓挫してしまうが、その頃よりアイディアとしては出ていたという。ついこの間といっても過言ではないため、やはり情報と技術に関しては比較的新しいものとなっている。

その後ゲームオンデマンド、後にクラウドゲームと呼ばれる物は様々な企業が形として形成していくものの、技術面でまだまだ不足気味であり、そして演算処理が追いつかずに重くなってしまうといった問題もあって、中々普及までは至っていない。既に利用している人もいるかと思うが、よほどのゲーマーでもない限りは認知している一般人は対して多くはない。そんな中で日本で本格的に動きが出始めたのは2006年にてソニーの当時社長を務めていた久多良木氏により、現在発売されているPlayStation4はクラウドゲームになるだろうという発言をしたことを起点とするように各企業で試みが始まり、そして2013年昨年においては中々の歴史を刻んでいた。そして今年2014年には、あの有名メーカーがついにクラウドゲームという可能性を実現するために本格的に事業として扱うために動き出した。

ゲームは1日1時間だよ
オンデマンド方式で24時間いつでも学習可能。あなたのペースで進めていけます。ミャンマー語オンライン講座COOL ASIA(クールアジア)スマホに動画をダウンロードすれば、電波の届かない地下鉄の中でも視聴可能!

『シンラ・テクノロジー・ジャパン株式会社』を設立

発表が行われた9月に行われたTGS2014年の会場だった、そこでスクウェア・エニックス・ホールディングスで昨年まで代表取締役を務めていた『和田洋一』氏を筆頭にしてクラウドゲーム事業を運営する株式会社である『シンラ・テクノロジー・ジャパン』を設立することを発表した。将来的に2015年初旬を目安にして日本においてクラウドゲームサービスβテストの実施も予定しているといい、同社の人気ゲームタイトル『ファイナルファンタジーシリーズ』についてもクラウドゲームとして提供できるように、現在調整を行っているという。

何ともゲーム好きなオタクたちにとって心躍るような発表ではないだろうか、未来的な技術への進歩を目の当たりに出来る瞬間だった。抱えている問題をどのように解消して行くのかといった情報も気になるところだが、今は『神羅』という新しい可能性に期待を込めて今後の動向を是非とも期待したいものだ。現在抱えている問題の他に、運営開始後に巻き起こるトラブルをいかにして回避・対処して行くのかといった声も聞かれる中で、一先ずは来年の初め頃に発表されるクラウドゲームという新時代のゲームスタイルを目の当たりに出来るのを心待ちにしたい。

おすすめゲーム
オンデマンド方式で24時間いつでも学習可能。あなたのペースで進めていけます。ミャンマー語オンライン講座COOL ASIA(クールアジア)スマホに動画をダウンロードすれば、電波の届かない地下鉄の中でも視聴可能!