鋏の恐怖を思い出す、ホラーの傑作

クロックタワーシリーズに次ぐ、『プロジェクト シザーズ』

何かとホラーゲームは話題をさらうことが多い。ホラー関係では海外もそうだが、日本で開発されたホラーゲームもまたその恐怖を体感しながらも、ビビリながら何とかゲームをプレイしていた、なんて人も多いと思う。筆者は幼少期の頃は残虐な絵などが混じるゲーム作品に耐性が全くなく、そういった類のゲームは見ているだけでも耐えられなかった。怖いものみたさという感覚とも無縁で、ひたすらに見ないようにすることで何とか情報を遮断していた、といったことを思い出す。そしてそれとなく年を重ねて見てそんなホラーゲームを見ると、内容こそ確かに驚いてしまうところは大いにしても、内容についてだけで言うなら非常に完成度の高いものばかりが見受けられる。

そんなホラーゲームの中でも印象的、またはひたすら主人公は逃げることになる『クロックタワーシリーズ』は懐かしく思える。実際にプレイした事がある人もいるだろう。筆者は一度だけ2作目の冒頭だけを簡単に遊戯した事はあるが、その時は興味本位でやっただけで本格的にゲームの逃走劇が始まると、リセットボタンを押してなかったことにした。それほどに怖いと思っていた作品だったが、そんなクロックタワーシリーズの世界観、魂を継承するようにして発表されたプロジェクトがある。それが『Project Scissors』だ、こちらもまた2014年の9月に発表されたばかりの新作ゲームとなっている。

最近のゲームについていけないあなたへ

恐怖の伝播を演出した名監督も参加

Project Scissorsと呼ばれているこちらの企画はクロックタワーの世界観といったものを継承しながらも、新しいゲームを作り出そうとしている物となっている。物語こそ異なれど、それまでに発表されたクロックタワーとは違った新作ゲームを構成しているという。内容も気になるところだが、こちらのゲームを製作することになる開発スタッフが実は大物が終結していることでも話題性は十分だ。

製作スタッフ 主要な面々

ではそんな有名すぎる開発スタッフとして参加している人はどんな人達がいるのかというと、次のような人々がこのプロジェクトに参加している。

ゲームディレクター:河野 一二三
Project Scissorsを企画した株式会社ヌードメーカーの代表取締役で、先に発表されたクロックタワーシリーズにおいてクリエイティブディレクターを勤めていた、まさにクロックタワーシリーズの海の親といっても過言ではない人物が、この企画を立ち上げた。
クリーチャーデザイン:伊藤 暢達
こちらの伊藤氏もあの有名なサバイバルホラーゲーム『サイレントヒル』にて背景からクリーチャーデザインなどを担当していることから、彼の作り出す物語で不気味に蠢く存在を堪能することが出来る。
企画・ティザー映像演出:清水 崇
今やジャパニーズホラーの名監督として世界でも知られている、あの呪怨シリーズを始めとした様々なホラー映画を生み出していた恐怖演出の天才もまた、このプロジェクトに参加している。清水氏がいるというだけで、どれ程の恐怖がゲーム内で体験できるのか、考えただけで背筋が寒くなるほどだ。

今回発表されたのは上記の三名だけだが、いずれもホラー作品を発表したクリエイターとして定評のある、または評判のあるクリエイターばかりが集結している。これだけでこのゲームがどれ程の恐怖が詰め込まれることになるのか想像に難くない。少し気になるところだが、昨今の進化した美麗なグラフィックで展開される恐怖は少々見たくないと思ってしまうのは私だけではないだろう。

ゲームは1日1時間だよ

気になるとあらすじは

そんな現在製作中となっているホラーゲームの新作のあらすじについても今分かっている段階で内容の一端を知ることが出来るあらすじは公開されている。そのあらすじとは次のようになっている。

とある洋上の豪華客船、脱出不可能な閉鎖空間において惨殺事件が発生する。しかしコレは始まりでしかなかった、その後巻き起こる無差別とも取れる連続殺人が発生する中、果たして生き残ることが出来るのか、またこの事件に隠された真実とは・・・・・・

詳しい内容や登場人物といったものも公開されていないため、まだまだ全体を把握することは出来ないが、今後も情報が解禁されるのを少し期待したいところだ。呪怨シリーズで恐怖演出には定評のありすぎること、呪怨シリーズを観賞した事がある人は理解しているとだろうが冗談抜きで初見の方は驚くのは必死だ。あらゆる分野でホラー作品で活躍している名匠たちが集ったことで奏でられるクロックタワーシリーズを継承した作品、どんな恐怖が待っていることか。かつてはクロックタワーシリーズにて故深作欣二監督も参加した事があるため、それに続くだけの恐怖は実感できるだろう。ホラー作品の中で新しい情報公開が期待されている話題作である事は間違いない。

おすすめゲーム
レンタルオフィス 東京では日本橋、秋葉原と東京都心の各地まで赴ける便利なアクセスがご利用できます! アクティブに営業活動をする方にはうってつけとなっていますので、まずはお気軽に当社までお問い合わせ下さい。