Xboxから送るシューティングの名作

雷電シリーズの最新作が登場!

名作シリーズの最新作が満を辞して登場とはよく言ったものだが、最近になって90年代を中心に驚異的な大ヒットを記録したシューティングゲームが新製品と共に、Xboxを主体として帰ってくる。かつてゲームといえば家庭用ゲーム機だけではなく、ゲームセンターへと赴いて遊戯することが当然のように始まった。アーケードゲームの場合、ワンプレイ毎に料金を支払うためコスト的な面で消費者には中々歯痒いところがあるものの、それでも今現在までもゲームセンターはおおいに賑わっている。そんなゲーム業界、特にゲームセンター関連の運営を行っている企業などにとって由々しき問題として発生した事態が、全国的に展開されてしまう。その影響を受けて各地ではゲームセンターが閉店へと追い込まれてしまい、老舗と呼ばれて地元のゲーマー達から愛され続けていた店舗も余儀なく運営を閉幕しなければならない、といった終章を迎えてしまった。その原因となったのは、消費税増税だ。この問題はゲーム業界の、特にゲームセンターなどには大ダメージとなった。

消費税が上がるということは必然とゲームセンターも値上げを考えなくてはならなかった、ただどんなアーケードゲームもワンプレイをワンコインで遊戯する事が常識になってしまった。そのため、増税を想定に値上げを構想するという考えは、ゲームセンター側には念頭に無かった。そうしたため、ゲームセンターを運営している企業でも全国展開しているのであれば、規模を縮小して企業の存命を選ばなければならない、といったような選択を迫られてしまった。筆者の地元でも賑わいを見せていたゲームセンターが、予告無く閉店に追い込まれてしまった事例を目の当たりにしている。

今の時代は消費者もそうだが、増税によって企業もよほど大手でもなければ軽微ではすまないようだ。現実の話を少し出してしまったが、それでもゲームセンターのすべてが閉店したわけではない。変わらず営業を続けられている店舗は厳しいながらも、懸命に増税前と同様の状況で運営している。裏で行われている様々な試みを垣間見ることはないかも知れないが、やはり日本でもゲームといえばアーケードゲームという印象がまだまだ根強いことを考えれば、これからも頑張ってほしい。

さて話を切り替えるとして、アーケードゲームといえばどのジャンルのゲームを想像するだろうか。筆者的に言えば格闘ゲーム、またはシューティングといったところか。前者に関してはそれほど得意ではなかったためあまりプレイしていなかったが、シューティング関係はそれなりに学生時代よく遊んでいたものだ。そんなシューティングの、筆者がまだゲームで遊ぶということを覚える前にゲームセンターのアーケードゲームとして登場し、空前の大ヒットを繰り出した名作の最新作の情報が遂に解禁された。90年代初頭にアーケードゲームを基盤としながら世界で2万枚以上売り上げるヒットを記録した『雷電シリーズ』だ。

最近のゲームについていけないあなたへ
開業をお考えならまずはご相談ください!クリニック 開業支援するならメディカルフロントのクリニック開業支援.com。成功率100%を誇る当社が独自のノウハウであなたの開業をお手伝いします!

MGSとは全く関係ないのでご注意を

雷電、といえばもしかしたらでもないがMGSシリーズの主人公の一人を思い出す人もいるかもしれないが、最初に言っておくと全く関係ないので追記しておく。本作は1990年にアーケードゲームとしてリリースされ、その後様々なゲームハードに移植されていたシューティングの中でも名作に分類される作品だ。どんなゲームかというと、当時開発された初期作品においては非常にシンプルなシステムとなっており、まさにシューティングの王道を突き進んでいる作品としてユーザーから好評を受けたことにより、現在でもコアなファンを筆頭にして根強い人気を獲得している。

アーケードゲームも現在までに5作、同シリーズのタイトル名を関していながら別派生となっている作品が3作品と、こちらでもアーケードゲームとしてゲームセンターの目玉商品として扱われていた。そんな雷電シリーズの最新作の概要が遂に公開され、ティザーサイトもオープンしたことでファン達からはこの時を待っていたといった声が聞こえてくるだろう。話題性としては抜群であり、そして情報として注目を浴びているのも頷ける。

物語とのあらすじとして

知らない人もいるかもしれないため、雷電シリーズとはどのようなストーリーで展開されるゲームなのか、ここで少し考察を加えながら話をしていこう。

時は2090年、地球は害宇宙生命体の攻撃に曝され、激しい戦火となっていた。世界連合軍は優れた技術者達を集め、敵の撃墜された戦闘機をベースにした趙高空戦闘爆撃機である『雷電』を開発する。しかしそんな雷電は優れた機動力と性能も合って、実践にて本気を最大限に生かすだけの技量を持っているパイロットでしか操縦する事はできなかった。そのパイロットは2人、そして二機しか存在しておらず、人類は彼らのかけるしかなかった。たった二機の雷電は戦う、それは地球の存亡をかけた聖戦となる。

ゲームは1日1時間だよ
仙台 弁護士会は、3つありますが、思想や専門分野によって分かれているわけではないので、弁護士会ごとの違いは特にありません。

25周年を記念したキャンペーンも計画中とのこと

そんな中、最新作の発表が来年に控えている同作品も同じく2015年にはシリーズがリリースされて25周年を迎えることになる。そうした中の最新作発表となっているが、その他にもそれにあわせたイベントなども開催予定となっているため、ファンにしてみれば楽しめない、または楽しくはずがないと考えている人もいるだろう。

今後も順次最新作の情報を順を追って公開して行くこととなるので情報解禁と、また各種イベント情報も定期的に入手するために公式サイトを覗いておくと便利だ。期待が集まる中で最新作の完成度がどの程度になるのか、その点でも注目していきたい。

おすすめゲーム